銀行カードローンと収入証明書について

銀行カードローンは収入証明書は必要?


銀行系カードローン、消費者金融は、収入証明書が必要になって面倒くさくなったと言う人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。それは、貸金業法改正による総量規制の問題です。

私達は簡単に借り入れが出来なくなってしまった


兎に角、総量規制の問題で、私達は、簡単にお金を借り入れは出来なくなってしまったのです。総量規制とは、借入総額が、原則では、年収の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。そうでない事を証明する為に、私達は、収入証明書を提出しなければならないと言う事なのです。収入証明書とは、具体的に ・源泉徴収票・給与支払明細書 (直近2ヶ月分)・確定申告書 ・住民税課税証明書・納税通知書、・納税証明書と言ったものです。そして、銀行系カードローン、消費者金融では、全員が収入証明書を提出しなければならないと思っている人もいるようですが、実際にはそうではありません。50万円以下のキャッシングの場合、そして、借り入れ総額が100万円を超えない場合には、収入証明書は、ほとんど必要がありません。しかし、そうでない方は、審査の時に、収入証明書を準備しなければならないと言う事であり、厄介事が増えてしまった事には間違いありません。

銀行カードローンは、総量規制対象外


銀行カードローンの大きなメリットは、総量規制対象外である事から、審査において、収入証明書をそれ程要求する訳ではありません。少なくとも、銀行系カードローン、消費者金融よりも、収入証明書の提出には寛容です。みずほ銀行カードローンなら、200万円以内の借り入れであれば、収入証明書の提出は要求されません。三井住友銀行カードローンは、300万円まで、オリックス銀行カードローンも300万円まで不要としています。このように、銀行カードローンによって違いがあるので、注意をしてください。収入証明書なしで300万円までキャッシング出来るのなら、おおかたの人たちは文句なし、なのではないでしょうか。