銀行カードローンの専業主婦の利用について

銀行カードローンは専業主婦でも利用できる?


今、貸金業法改正の問題によって、私達は、総量規制の問題を抱える必要が出て来てしまったのです。総量規制とは、借入総額が年収の3分の1までに制限される仕組の事を言います。

専業主婦は、総量規制の問題で借り入れは出来ない?


総量規制はまた別の問題をも生み出してしまいました。それは、収入が全くない専業主婦などが借り入れ出来なくなってしまった事です。今まで、借り入れ出来たのに総量規制の問題で借り入れが出来なくなってしまった専業主婦が、ヤミ金業者に手を出すと言う悲劇も生まれました。それが、大きな社会問題にもなったのです。しかし、実際に、総量規制の問題で、専業主婦が借り入れ出来ないと言う訳ではありません。配偶者貸付という制度によって、配偶者と合算して、借入れが年収の3 分の1まで借入れを行うことが出来る事は出来るのです。しかし、配偶者貸付という制度は、夫の同意書など様々な書類が必要であり、カードローン会社も手間が面倒な為、専業主婦に貸し出しは行わなくなってしまったのです。今、レディースローンがとても流行っていますが、レディースローンは、そのような借り入れ出来ない専業主婦にお金を貸し出ししてくれる所ではありません。レディースローンも、ほとんどは総量規制対象なのです。

総量規制対象か、総量規制対象外か


専業主婦は、それでも、やっぱり、ヤミ金業者に向かうべきではありません。専業主婦のみなさんもまだまだあきらめるのは早いです。問題は、総量規制対象か、総量規制対象外かという問題なのです。銀行系カードローン、消費者金融は、総量規制対象なのです。しかし、銀行カードローンは銀行法に従って運営を行っている為、総量規制対象外です。銀行カードローンでも、それ程、高額借り入れをする事は、難しいものの、やはり、借り入れ出来ないで困っている専業主婦のみなさんが向かうべき場所は、ヤミ金業者の方向ではなく、この銀行法による銀行カードローンなのです。