銀行カードローンとは?

銀行カードローンは総量規制の対象外


何処でキャッシングをしようか、考えている人たちも多いのでしょうか。やっぱり、私達が目指す場所は、銀行カードローンなのです。

金融業者には難易度がある


何処でも、同じような環境で、お金を貸し出ししてくれる訳ではありません。借り入れ先には、難易度があります。まず、一番難易度が高い場所が銀行カードローンなのです。そして、次に難易度が高いのが、銀行系カードローンです。銀行系カードローンと、銀行カードローンは別物なので注意をしてください。銀行カードローンは、銀行の貸し出しするカードローンの事であり、銀行系カードローンは、以前、独立系消費者金融だったものが、銀行と手を結ぶ事によって、銀行系カードローンとなったものです。一番審査がゆるい場所が未だ独立している消費者金融と言われいます。

銀行カードローンは利息が低いと言うものの


ならば、私達は、消費者金融がいいと言うものの、消費者金融は、利息が高いのが特徴です。消費者金融は、審査をゆるくするものの、回収出来ないリスクを、高利息によって補っています。だから、審査のゆるい場所は必然的に、高利息になってしまうことは回避出来ません。

消費者金融には総量規制の問題がある


もうひとつ、消費者金融に懸念しなければならない問題は、消費者金融には、貸金業法改正によって、総量規制の問題を抱えている事です。総量規制とは、貸し出し総額が、原則として、年収の3分の1までに制限されてしまう仕組みの事を言います。消費者金融の審査は、それ程厳しくはありませんが、総量規制の問題を抱えて、私達は、消費者金融から借り入れ出来ない可能性も大きく抱えています。ならば、銀行系カードローンはどうなのでしょうか。銀行系カードローンも貸金業法に従っています。だから、決して総量規制の問題とは無関係ではありません。銀行カードローンはどうかと言えば、銀行カードローンは、貸金業法に従っている訳ではなく銀行法なのです。銀行カードローンは、低利息、そして、総量規制対象外という魅力があります。

尚、学生は銀行カードローンの利用はできません。お金が必要な学生の方は、学生ローンがおすすめです。